言友会は吃音問題の解決を目指すセルフヘルプグループです

読み込み中... 読み込み中...

※ 吃音のある人を支援する会 in 石川 チラシ の誤字につきまして
大会チラシに誤字がございました。8/30追記
岡部健一先生の講演紹介
「吃音者は、発達障害支援法に含まれ「精神障害者保険福祉手帳」を取得…」

・誤) 発達障害支援法 正) 発達障害『者』支援法

・誤) 精神障害者保険福祉手帳 正) 精神障害者保健福祉手帳

zoomの使い方マニュアルの掲載

以下、2つのマニュアルにzoomの使い方を記載しています。本大会に参加する方は以下のマニュアルをダウンロードして、事前にzoomの使い方をご確認ください。

吃音のある方を支援する会 in 石川 申し込みにつきまして

申し込みは以下のURLをクリック!https://forms.gle/vS7ZUgXZkxmDicpE6

Q.吃音とは?


A.言葉が「吃る(どもる)」ことを言います

話そうとすると言葉がなめらかに出てこなかったり、言葉が詰まってしまうことがあります。話すことに対する失敗経験を多く経験することから、話すことに恐怖心を持ったり、 話すことを避けようとすることがしばしば見られます。

Q.吃音の症状はみんな同じなの?


A.人によって症状が異なります

音節を繰り返す(「わ、わ、わたしは」)

音を引き伸ばす(「わーーーーたしは」)

音がつまってしまって出てこない(「・・・・(つまっている)・・・わたしは)

Q.吃音とどう向き合っていけばいいの?


A.私たちは「受容」を目指しています

「受容」とは吃音をもっている自分を受け入れ、吃音を恥ずかしがらず、話をしようということです。他の吃音者の方と話をして、考えていくことによって、こんなときはどうしたらよいか、こんな向き合い方はできないだろうかと吃音に対する考え方が変わっていき、少しでも気持ちが楽になれるように活動しています。

吃音について悩んでいることはありませんか?

吃音について知りたいことはありませんか?

私たちと一緒に吃音について考えてみましょう!